定 義 如 来  西 方 寺

平家落人の里・庶民信仰の祈祷寺院

HOME | 定義如来縁起 | 定義如来物語

定義如来物語


御宝軸の由来

中国大唐の時代に、法照禅師と申される高僧がおられ、五台山(現 山西省)竹林寺にて文殊菩薩様より南無阿弥陀仏の名行を直におうけになり阿弥陀如来画像のご宝軸を賜りました。
以来、禅師は、育王山径山寺(注釈)に隠匿するまで、そのみ教えを熱心に広め、ご霊像は、長く同寺の宝物として、広く人々の信仰をあつめていました。





平家と御宝軸

平重盛公が内大臣を務める頃は戦が絶えませんでした。
そこで公は、中国の育王山径山寺に、黄金を寄進し平和祈願をしました。
時の住僧仏照徳光禅師は平重盛公の篤志に対し、伝来の阿弥陀如来の御霊像が送献されてきました。
公は、歓喜し天皇、国家の安泰、平氏一族、我が身の後生を日夜祈りました。






御宝軸と平貞能公

治承2年秋、平重盛公は、重い病にかかり、自ずから死期を悟ります。
そこで、公の重臣であった肥後守平貞能公に御宝軸を授け、長く後世に伝え、天皇はじめ平氏一族、世の人々の後世と、自らの死後の菩提を弔うように伝えました。





平貞能公と定義

平家が壇ノ浦の戦いに敗れた後、重盛公の遺言にしたがい、貞能公は宝軸をまもり、ひそかにこの地に隠れました。

貞能公はなおも世をはばかり、名を「定義」と改めました。
今、この地を「定義」(じょうぎ)と称し、如来様を「定義如来」と申し上げるのもここに起縁いたします。






定義如来と西方寺

貞能公は、建久9年(1198年)7月7日、御年60歳を以てお隠れになりました。
そこで従臣達は公の遺言通りに墓上に小堂を建て如来様の宝軸を安置しました。

宝永3年(1706年)1月7日、早坂源兵衛は如来様の御霊威、日を追って盛んになることを悟り、在家の身を以て御奉仕いたすことは畏れ多いことと、自ら出家し「観蓮社良念」と称し、「極楽山 西方寺」を創立されました。





育王山径山寺は現在の中国浙江省

『平家物語』「金渡」(現代語訳)
平重盛公は、自身の来世の為に善根功徳を積んでおきたいが、日本では子子孫孫に先祖の後生を祈ると言うことは難しい、ということから、正直者で有名であった妙典(みょうでん)という船頭に黄金三千五百両を託して、宋の仏教の聖地、育王山(いくおうさん)との結縁を求めました。
その内の一千両は育王山の僧達へ、二千両は宋の皇帝に贈って、伽藍を維持するための田畑を皇帝から育王山へ下賜して貰うためのものであり、残りの五百両は妙典への手間賃でした。
妙典が、困難な船旅を経て宋へ渡り、育王山の方丈、佛照(ぶっしょう)禅師に逢って重盛公の意志を伝えると、禅師は大変に喜びます。そこで妙典は、重盛公の指示通り、育王山の僧達に一千両を贈り、そして皇帝には二千両を贈って、重盛公の意を詳細に伝えます。すると、皇帝も重盛公の志に感じ入り、五百町の田畑を育王山に下賜し、重盛公のより良い来世の為としたのでした。



定義如来西方寺

LinkIcon問い合わせメール

携帯電話メールで問合せの方へ
エラーメール(リターンメール)により、返信できないメールが多発していますのでご注意下さい

定義如来ホームページ内で調べたい事(御祈祷時間、境内…)入力して検索ボタンをクリックして下さい

リンクコーナー
LinkIcon浄土宗ホームページ
LinkIcon定義観光協会公式サイト
LinkIcon定義如来夏祭り